calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

広告

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    広告
    • 2018.06.15 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    シドニー 日本語補習校の選び方

    0
      JUGEMテーマ:海外育児


      移住にあたり、子供の日本語をどうしようと考えるタイミングは何回もあると思います
      うちの場合は、生まれてからほぼ日本で育った子どもたちだったのでまずは英語環境になれさせねば!ということで最初は英語に必死でした

      でも、今は同等ぐらいやらないと日本語忘れてしまうのでは?と危機感を感じています

      親のできることには限界があるということで選んだのは日本語補習校です
      住んでいる家の近くでということであれば限られるかもしれませんが、シドニーの場合、少し遠出を覚悟すれば選択肢があるのはありがたいと思います

      一つの学校が合わなければ別のところにということが無理ではないと思うしね

      土曜日の午前中がほとんどですが、土曜日の午後、日曜日のところもあるので習い事のスケジュールによってはそれで決めるのもいいかもしれないです

      あとは日本の学年でクラス分けされるか、レベルでクラス分けされるかどちらがいいのか
      日本に帰国する予定があるなら前者がいいかもしれなけど、厳しいとも聞きます

      それにウエイティングリストがすごいので、希望してすぐに入れないかも

      費用に関しては1ターム130ドルぐらいかな?
      1ターム10回ぐらいあるので1回あたり13ドル
      3時間あるとすれば1時間5ドル以下

      こんなコスパのいい習い事はこっちではまずないですね
      これは政府から補助金がでているかららしいです
      欠席が多いと補助金が出ないらしいですが…

      学校なので、なんでもかんでもお任せっていうわけではなく、役員や当番などが回ってきて大変って言うこともあるみたいです
      まあ誰かすでに通っている人に様子を聞けたらラッキーですね

      学校と言っても3歳ぐらいから通える場合もあるようなので、小さいお子さんをお持ちの方も一度調べてみるといいかなと思います
      広告

      海外で子どもたちの日本語保持のためにできる7つのこと

      0
        JUGEMテーマ:海外育児

        移住してきて約1年半
        気になるのは子どもたちの英語と日本語

        移住したての頃はもちろん英語が気になっていたけれど、最近日本語も気になります

        これまで下の子は未就学児ということでひらがなの読み書きができなくても日本語で私達日本人の両親とコミュニケーションが取れていれば問題なかったのよね

        でも、4月には日本で小学1年生に進級する年でもあるのでもう少し国語的な要素も気にしないとと考えています

        我が家の場合もしかしたら日本に戻って日本の学校に通う日が来るかもしれないしね

        というわけでそれまでに基礎の国語力はつけておきたいのでできることを考えてみました

        1つ目 日本語の本を読み聞かせ、または自力読みさせる
        2つ目 日本語の動画を見せる(DVD、youtubeなど)
        3つ目 日本語を話す友達と遊ばせる
        4つ目 日本語のプリントなどをやらせる
        5つ目 アプリなどを使って日本語を覚えさせる
        6つ目 日本語の補習校に通わせる
        7つ目 チャレンジやドラゼミ などの通信教育を海外でやる

        実は他にも日本の学校の帰国子女向け受験対策の塾なんかもシドニーにはあるようですが、まあまだそこまでは本格的な帰国が決まらないかぎりは考えられないかな
        かな

        新しく「子どもたちの日本語」というカテゴリーを作ったので1つずつぼちぼち記事にしていってみようと思っています

        どうぞ宜しくお願いします


         
        広告

        | 1/1PAGES |