calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

広告

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    広告
    • 2018.06.15 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    スクールホリデーも明日で終了 宿題のない休みは幸せなのか

    0

      JUGEMテーマ:海外育児

       

      オーストラリアに再移住してきて何回目のスクールホリデーになるでしょうか?

      4年目なのでだいぶ過ごし方も慣れてきました。

       

      日本と一番違うことは夏休み、冬休みなどの長期休みには基本宿題がないということです。

      もしかしたら学校や先生によっては少しぐらい宿題を出すことがあるのかもしれませんが、それはかなりレアケースだと思われます。

       

      我が家は共働きなので、バケーションケアという休暇中に朝から夕方まで預かってくれる学童保育にお世話になっています。

      でもなるべくスクールホリデーに合わせて有給休暇を取るようにしたり、在宅勤務にしたりしてのりきっています。

       

      ここで、どこかに毎日出かけるわけでもないので家での過ごし方として、日本で育った私たち夫婦には午前中にその日の宿題を終わらせてから遊びに行く、みたいなことを子どもたちにも求めたいのですが、その宿題もないんですよね。

       

      だから、ずーっと遊んでる。

      いいんだけど、ほんとにそれでいいの?ってぐらいずーっとYouTubeばかり見ていたり…

       

      一応うちの子たちは日本語学校に週末行っていて、そこの宿題があるので宿題がゼロってわけじゃないけど、現地校は何もないですからね。

       

      ないのがダメとも思わないけれど、ないのが当たり前だったら別にその状況が恵まれてるとも感じないんじゃないかな〜

      夏休みの最後の方に宿題に追われるという経験をしたことのない我が子達。

       

      私が子供のころ、宿題のない夏休みが1年でもあったらめちゃめちゃ大興奮だったと思うんですけどねぇ。

       

      まあ、やらなくていい苦労はしなくてもいいのかもしれませんが、なんだかも宿題をしなくていいぶんもっと何かに打ち込む!とかそういうのがあってもいいんじゃないのーなんて思ってしまいました。

       

       

       

      広告

      スポンサーサイト

      0
        広告
        • 2018.06.15 Friday
        • -
        • 21:19
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク